カテゴリ:個人参拝( 4 )

水いなりん

a0205209_15214377.jpg
いつもの朝の散歩で御座います。新宿区の文教地区早稲田界隈は水稲荷神社です。早稲田大学早稲田キャンパスを左手に都立戸山公園に向かう途中にありました。京都の伏見稲荷見たいな朱の絢爛さは無く「ひっそりと」という言葉が相応しい祠の一つであります。
もちろん「正一位稲荷大明神」を名乗っている由緒正しき神社です。それにしても立派な感じですね。御神輿もあるらしく誰でも担げるそうです。狛狐(こまぎつね)さんも精悍でとてもカッコいいです。
a0205209_15215553.jpg
早稲田界隈ということもあり、早稲田大学や大隈重信と密接な関係が有るのは当然です。政党政治の実現と人材の育成が目的に作られた専門学校らしいですが実際通っている連中はどうなんでしょうね?
稲荷を名乗っている以上、商売繁盛的な雰囲気がどこかに有るはずなんですが、これが無いんです。よくある連続した朱の鳥居も無いし、企業の「奉賛金」の名前も見当たりません。
しかし「水稲荷」ってことで水商売の神様と言うのをどこかで見かけました。なるほどな感じですね。でも至って清閑な佇まいの中にある霊験が印象に残りました。
a0205209_1522332.jpg
最終的な自分的見解はここ水稲荷様は商売繁盛系ではなく、大隈重信氏が毎日欠かさず参拝したことから、早稲田大学への合格祈願がメインとされてるようです。
で、画像の文章にも有りますように水稲荷様を参拝したら、高木神社、北野天神社とセットでお参り下さいとなってます。関西では早稲田大学に関してのこのような情報は初めて聞きましたが、関東ではいかがなものなんでしょうか?皆さん受験シーズンにはここを訪れることが常識となってますか?私的にはやはり「湯島天満宮」なんですけどね。
今回、初めて早稲田界隈をうろつきましたが、椿山荘を始め、ウソみたいに水の綺麗だった神田川、大隈庭園(行ってませんが)、どれだけデカイねん都立戸山公園、都営戸山ハイツの住人さんが羨ましい箱根山地区などなど、ここホントに東京!ってな感じであっという間の10kmの散歩になってしまいました。
[PR]
by fusimin-inarin | 2014-06-26 09:49 | 個人参拝

夜中、お久~!

a0205209_1652813.jpg
長らくご無沙汰してました、お稲荷様の総本山伏見に行ってまいりました。と申しあげましても昔から不謹慎にも無料駐車場は何回も使わせていただいているのに、賽銭一つ入れに行かない不埒者でございます。
富士発条では昔、伏見参拝を会社行事として全員参加で扱っていましたが、昨今希望者だけ朝、手洗い場8時集合でお山をすることになっています。
正月気分がまだ残っていますがまだ早い時間というのに極めて人が少ないです。賽銭泥棒が多いのか自主的に警備されてる方が目立ちました。去年から本殿などの修復が行われていたせいか、いたるところが綺麗に整えられていました。
今年は早くから寒い年周りか、この日も特にお山の空気が刺してきます。といっても歩き出すとスグ暑くなってきますね。久しぶりに訪れるとポイントごとの距離感覚が狂います。というか年々足が弱っていくせいで、ここの階段こんなに長かったかな・・・とか、記憶が飛ぶせいでここにこんな道あったのか???など言ってるうちにちょうど良い疲れ具合で四ツ辻に到着しました。
a0205209_16522977.jpg
四つ辻は伏見のお山の中でも一番大きい休憩地点です。少しずつですが、椅子の数が増えていたり整備が進んでいるようです。画像の通りかなり明るい(といっても薄暗いですが)ところです。
ここには茶店が2軒ほどありますが、そのうちの一つ「仁志むら亭」は俳優の西村和彦さんの実家です。富士発条では途中の三徳社前の三徳亭さんと仲良くしてもらっていて、いつもそこで昼食などをとっています。
四ツ辻で暫し休憩後に、さらに昇るか権太夫さんにお参りして帰るか決断します。大概の方はここで帰られます。
ここから上もかなり難所がありますが、時計と反対回りをお勧めします。頂上の一之峯を過ぎてからの連続階段は昇るより降りる方が楽だからです。
このときは不謹慎にもクロックスを履いていったので、足が笑ってしまいました。当然、権太夫さんのみで帰りました。ゴメンナサイm(__)m
a0205209_16524225.jpg
四ツ辻から権太夫さんに昇る階段です。直線なので下から見えるくらいの距離です。画像ほど暗くありません。
a0205209_16525135.jpg
荒神峰(田中社神蹟) - 権太夫大神
[PR]
by fusimin-inarin | 2013-01-16 16:53 | 個人参拝

今宵参り

a0205209_8391248.jpga0205209_839228.jpga0205209_842863.jpg










宵参りに行ってきました。
大型台風が南海上にあるせいか、結構風が肌に心地よいといったところです。
このあと京田辺のスーパー銭湯“一休”にいくのと、五条弁慶にカレーうどんを食べにいくイベントがあったため、今回はおもかる石までの往復です。やっぱりおもかる石は重かったです。実際軽いって感じたことがありません。まだまだ人生徳を積めと言うことでしょう。

この時間帯では、まだお山と自分の身体(御魂)がリンクしないといった感じです。ちゃらちゃらした子狐はそこらじゅうにいてるのですが、重鎮ともなるとやはり日が変わる頃からですね。
また夜中に参拝して体中にそのオーラを浴びてこないとこちらのパワーも下がり気味です。
なかなか夜の写真を撮るのが難しくて、苦労します。最低三脚と脚立は用意していかないといけません。

それにしても夜中にこの魔除けの朱色が献上灯に醸し出される雰囲気には毎回、森厳粛然として一刹那こころが引きしまり来てよかったと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


[PR]
by fusimin-inarin | 2011-07-17 08:00 | 個人参拝

夜参り

a0205209_7284457.jpga0205209_728972.jpg

夜参りとは言って、いつも駐車場をお借りしています。
本当に申し訳ありません。今夜も五条の弁慶うどんにいくのに借りさせていただきました。
一応は本殿にお参りはちゃんとしました。
夜のお山は昼間と違って、気が変わります。どこからか注目を浴びている感じです。
奈良の天川弁才天ほどではありませんが、マイナスイオンも手伝ってか心が引き締まります。
帰る頃は2時くらいだったか、今晩も若い子達が大勢遊びにきてました。
たぶん子狐が化けているんだろうと思っています。
この世にはスタジオジブリが描いた「平成狸合戦ぽんぽこ」のように、ごく普通に狐や狸が人間に化けて暮らしています。
そういう奴らが健気に夜になるとお稲荷山に集まるのです。
よきかなよきかな・・・

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


[PR]
by fusimin-inarin | 2011-05-23 07:28 | 個人参拝


伏見稲荷大社お山日記


by fusimin-inarin

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
会社行事
個人参拝
へぇ~
番外編
未分類

以前の記事

2014年 06月
2013年 01月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

その他のジャンル

最新の記事

水いなりん
at 2014-06-26 09:49
夜中、お久~!
at 2013-01-16 16:53
こがね稲荷大明神
at 2012-06-14 17:31
湯島いなりん
at 2011-09-21 11:59
佐助いなりん@!おどろくロケ..
at 2011-09-17 10:39

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧